どうしても食べたい時に!糖尿病の方がスナック菓子を選ぶ時の注意点とは?

スナック菓子を選ぶときの注意点は?

スナック菓子の最大の問題は、「封を開けるとついつい最後まで食べてしまう」という点です。
テレビや映画を観ながら、無意識に口へ運んでいると、いつの間にかペロリと1袋食べてしまっていた……といった経験は、誰しもあるのではないでしょうか。

スナック菓子をたべすぎないためにも、そもそも小さいサイズのスナック菓子や、個包装のされているスナック菓子を選ぶようにしましょう。

大袋しかない場合は、食べる量を小鉢に出すなどして、「ここまでしか食べない」と決めてから食べ始めましょう。
小分けにすることで、食べた量が分かるので、無意識に食べ過ぎてしまうことを防ぎます。スナック菓子は湿気に弱い場合があるので、密閉容器に保存しておくことをオススメします。

どれくらい食べるのかは、成分表示を確認し、自分の一回分の量を確認してから決めます。
よく食べるお菓子であれば、毎回調べるのは大変ですので、あらかじめ「食べてよい量リスト」を作っておくと便利です。

小分けにして食べることに抵抗があるなら、誰かと一緒に食べるのも、ひとつの方法です。
大人数で1袋を食べれば、自分が食べ過ぎることを防ぐことができます。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変