糖質制限中でもパンを楽しめる!ブランのおいしい秘密とは?

ブランの食べ方、おすすめは?

ブランはシリアルの一種としても売られていますが、最近は栄養補助食品やスイーツなどの加工品なども多く開発されています。おすすめの食べ方は「ブラン+ヨーグルトや牛乳などの乳製品」です。

特にヨーグルトに含まれる乳酸菌と、食物繊維が豊富なブランを一緒に食べることで腸内環境の改善に高い効果を示します。ブランパンやグラノーラなどのシリアルなら、朝食として、ヨーグルトと食べれば1日をすっきりと迎えることができそうです。

また、ブランが水分を吸収して膨らむことで、満腹感を与えてくれる効果もあるので、小腹が空いたときに間食として食べるのもおすすめです。

「パンよりも気軽に食べたい」という場合は、クッキーやビスケット、米ぬかのスナック菓子などを利用するのもよいでしょう。間食が習慣になっている方は、いつものお菓子を置き換えるだけで、不足しがちな食物繊維やミネラルを補えます。

コンビニエンスストアやネットショッピングで気軽に購入できるブラン。
栄養面でも食生活改善のためにも良い効果がたくさんあるので、試してみてはいかがでしょうか。

ブランを上手に取り入れて、健康的な食生活を目指しましょう!

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変