食事で予防

食べたい人に朗報?!食べる順番を変えるだけで本当に痩せるのか?

「言うは易し、行うは難し」の言葉がぴったりのダイエット。
なかなか効果が出ずに、焦る気持ちと、食べたい本能との間で苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。


ダイエットに必須と言われているのは、食事制限と運動です。
しかし、食べることが大好きで運動が嫌いな方にとっては、これらを続けることはとてもパワーが必要でストレスになることも多々あります。
ダイエットは続けることが成功のカギともいわれているので、無理なダイエットは避けたいもの。
自分の日常生活に取り入れられそうなものが長続きしそうですね。


そこで、今回は食べる順番を変えるだけで痩せると数年前からマスメディア等でも話題になっている「食べる順番ダイエット」についてご紹介したいと思います。


実際の食べる順番は食物繊維を先に、炭水化物を最後に

「食べる順番ダイエット」では、食事量を変えずに、食べる食材の順番を変えることを提唱しています。


まず、野菜・海藻などの食物繊維をしっかり噛みながら食べきってしまいます。
それから肉・魚・大豆などのタンパク質メインのおかずを食べ、最後に炭水化物の主食(ご飯・パン・芋など)の順番に食べるというものです。調理法には制限はなく、煮たものでも炒めたものでも大丈夫。
たったこれだけを実践するダイエットです。


血糖値上昇抑制の効果

女子栄養大学 副学長の 香川 靖雄先生の実験をご紹介しましょう。


香川先生は下記の2パターンで被験者の血糖値の上昇を比較(http://www.kewpie.co.jp/vegefirst/2.html)しました。


1. 生キャベツ60gに酢10g、サラダ油10gをかけたサラダを食べた後にご飯200gを食べた場合
2. ご飯200gを食べてから上記のサラダを食べた場合

この実験では、1の方が2の場合よりも最高血糖値に達する時間が1時間も遅くなったという結果がでました。


つまり、野菜を先に食べることで血糖値の上昇が抑制できた、という実験結果です。


この食べる順番を変えた実験では、すでに糖尿病患者さんの場合も同様の結果がでたということです。


血糖値とダイエットの意外な関係

では、血糖値とダイエットには一体どのような関連があるのでしょうか?
血糖値とは血液中に含まれる糖質のことで、血糖値が上昇した状態が太りやすく、低下した状態がやせやすいといわれています。


ですので、血糖値の上昇が抑制できることはダイエットに効果的だと言えます。
参考:gooダイエット(http://diet.goo.ne.jp/howto/re0906_no2/01.html)


血糖値、体重減少が認められた研究結果も

「糖尿病患者における食品の摂取順序による食後血糖上昇抑制効果」(http://ci.nii.ac.jp/naid/10026317599)を
糖尿病専門医の梶山内科クリニック・梶山静夫先生とともに発表された

大阪府立大学・総合リハビリテーション学部・今井佐恵子先生の研究結果(http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/wadai/1305/wadai.html)によりますと、
2型糖尿病患者さんが炭水化物から食べていた場合、食後血糖値が300~360mg/dlまで上昇していたのが、この食べる順番に変更したところ、100~150mg/dlの食後血糖値減少が認められたといいます。


この食事方法を指導したグループと、そうでないグループでの比較研究では、指導したグループの血糖・コレステロール・体重などが優位に減少したと報告されています。また、糖尿病ではない方でも同様の結果が得られたとのことでした。


いかがでしょうか?
野菜などの食物繊維をまずゆっくりと食べる「食べる順番ダイエット」特別な出資も必要ないので、気軽に始めやすいのではないでしょうか?
今日から、食べる順番を意識して食事をしてみてみませんか?

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

生活習慣病の予防と改善に効果的! スローカロリーとは?

飽食の時代の中で「何をどう食べるのか」は非常に重要な問題です。 ともすれば生活習慣病を招いてしまうようなカロリーオーバーの食事を控えるにはどうすれば良いのでしょうか。 ひとつの提案として、 ...

おやつの定番!糖尿病患者さんとポテトチップスの付き合い方

子どもから大人まで、不動の人気を誇るポテトチップス。 糖尿病の食事療法を始めたけど、おやつのポテトチップスは、なかなかやめられないという方もいるのではないでしょうか。 野菜のなかでも糖質の高い ...

糖質制限中でもパンを楽しめる!ブランのおいしい秘密とは?

「パンは糖質が高い」と、糖尿病の食事療法をされている方の中には、大好きなパンを我慢している方も多いのではないでしょうか。 そんな糖尿病患者さんにおすすめしたいのが「ブラン(ふすま)」です。 そ ...

「朝食を摂ると良い」には根拠がある。朝食で良好な血糖コントロール

朝食を食べる習慣がありますか? 厚生労働省による平成25年国民健康・栄養調査によると、朝食の欠食率は男性14.4%、女性9.8%で、ここ10年ほど横ばいとなっています。 生活リズムが夜型になり ...

驚きのリスクが判明!エナジードリンクの飲み過ぎに注意!

コンビニなどで手軽に購入でき、リフレッシュできるとして若者を中心に人気のエナジードリンク。 しかし、最近の研究によると、エナジードリンクの飲み過ぎによって糖尿病を招く可能性があることがわかりました。 ...

脂肪の少ない赤身肉で糖尿病リスクが上昇?

日頃から肉の脂肪を気にして赤身のヒレ肉やもも肉を選ぶ方も多いのではないでしょうか。 近年、脂肪がすくない赤身肉で糖尿病のリスクが上昇するという驚きの研究結果が発表されました。 今回は、赤身肉と ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP