生活習慣で予防

正月太りをすぐさま解消!なまった体を動かそう!

お雑煮やおせちを食べては横になってテレビを見て、親せきの家へ出かけてはまた宴会料理を食べて・・・そんなお正月を過ごしてしまった人も多いのではないでしょうか。
それまで食事や運動に気を付けていた人も、良き習慣が乱れてしまったなんて人もいるかもしれません。

年末年始で乱れてしまった生活習慣や、正月太りはなるべく早く解消しないと、そのまま定着してしまう恐れがあります。

ここでは、正月太りを解消する運動のポイントなどを紹介します。


短期的に増えた体重は、短期で落ちる!1月中にリセット、が目標

正月太りなど、一時的な食べ過ぎによる体重増加は、比較的短期間で落とすことができると言われています。
脂肪として体に定着する前に、軽いダイエットをして正月太りをなるべく早く解消しましょう。

とは言え、食事を抜いたり、極端に食事量を減らしてはリバウンドをしてしまう可能性があります。
3食規則正しく食べながら、ごはんなど炭水化物や脂っこいものを減らして野菜中心の食事にする、間食をしない、運動を意識的に多めに取り入れるなどを実践して少しずつ減量していきましょう。
増えてしまった体重にもよりますが、1月中に元に戻してリセットできるくらいのペースが目標です。


プラスαの運動が大切!ながら運動を積極的に取り入れよう

いつもの運動習慣のペースを取り戻した上で、少しプラスαの運動を取り入れてみましょう。
あまり難しく考えず、何かと並行した「ながら運動」で、日常的に「とにかく体を動かす」をいうことを意識してやってみるとGOOD。


◎プラスαのながら運動

  • エレベーター、エスカレーターに乗らず、階段を使う
  • 通勤、買い物の行き来などは歩く(1駅分くらいのプラスが目安)
  • 電車に乗るときは、座らず立ったまま
  • 寝る前にストレッチを10分間行う
  • 床掃除を掃除機ではなく、水拭きにする
  • 歯みがきのときにスクワットを行う
  • デスクワーク時に足を浮かせて腹筋と太ももを引き締める

しっかりと入浴することもオススメ

特に一人暮らしの方は、湯船に浸からずシャワーだけにしてしまいがちですが、ゆっくりと湯船に浸かることで、血液の循環が良くなり体が芯から温まって代謝も上がり、痩せやすい体になります。
37~40℃のぬるめのお湯に20分間程度浸かりましょう。
その間、リンパマッサージなどを取り入れるとより効果的!
正月太りとともに、塩分の多い料理で体がむくんでいる人にもおすすめです。
前後の水分補給は忘れずに行ってくださいね。


少しの意識で正月太りをすぐさま解消!今から始める、が吉!

不摂生で付いてしまった脂肪は、早めに落とすことが肝要。
と言っても、ジムに通ってきつい運動を行う必要はありません。
日常生活に簡単に取り入れられる方法で、少し意識的に運動を行ってみましょう。
先延ばしせず今日から始めてみると良いですね。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

内科で眼科検診? 日々進化する治療方法

糖尿病の三大合併症のひとつ、糖尿病網膜症。 糖尿病網膜症は長い間、中途失明原因の1位でしたが、様々な治療法ができたことにより、失明を回避することが可能になりました。 今回は、糖尿病網膜症についての ...

日本食が疲労に効く!? 日本食の新たなメリットを解明!

健康的な食事として、世界的にも注目されている日本食。 日本食には疲労感の軽減や、自律神経機能の改善などの抗疲労機能があることが明らかになりました。 今回は、日本食についての記事をご紹介いたします。 ...

その他の記事

夜型の生活は要注意! 睡眠と糖尿病の関係

糖尿病というと遺伝、食事、運動不足などの原因を思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、実は睡眠不足も大きな誘因のひとつなのです。すでに糖尿病を発症しているならばなおのこと、夜型生活はおすす ...

「糖尿病リスクスコア」を活用して、早期介入で発症予防

病気の早期発見や、生活習慣の見直しのきっかけ作りに欠かせない健康診断。 その結果を元に、糖尿病発症が予測できるシステム「糖尿病リスクスコア」が開発されました。今回はこの「糖尿病リスクスコ ...

平均寿命日本一は長野県!長寿の秘訣とは?

日本一の長寿県はどこなのか、ご存知ですか? 平成22年度の厚生労働省調査による平均寿命第一は、男女ともに「長野県」でした。近年、平均寿命ランキングの上位を保つ長野県の、健康長寿の取り組みに、注目が集 ...

時間が無くても大丈夫!通勤中の「ながら運動」で運動習慣

糖尿病の予防と治療に大切な運動。 毎日15分と意気込んで始めても、「忙しくて時間がとれない」、「そもそも運動が苦手」など、なかなか続かない方も多いのでは? そんな方におすすめしたいのが、通勤や買い ...

糖尿病患者さんが知りたい!ウォーキングの効果って?

健康維持に大きな効果をもつウォーキング。 糖尿病患者さんの運動療法にも取り入れられ、肥満や高血圧、糖尿病などの予防・改善の効果があることが研究結果によってわかっています。今回はその内容につい ...

週末の「寝だめ」が糖尿病予防につながる?

日常生活が忙しいと、なかなか十分に時間がとれないのが「睡眠」です。平日に不足した分を週末で補うため、休日は「寝る日」と決めている人もいるかもしれません。 この、週末にまとめて寝る、いわゆる「寝だめ」 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集
ニュースレター登録

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP